親鸞会 会員の声

親鸞会|会員の声

「如来大悲の恩徳は
 身を粉にしても報ずべし
 師主知識の恩徳も
 骨を砕きても謝すべし  (親鸞聖人)

「弥陀と師教の大恩は、身を粉に、骨砕きても足りませぬ。
微塵の報謝もならぬ懈怠なわが身に、寝ても覚めても泣かされる」
苦悩の根元(無明の闇)を断ち切り、多生永劫の目的を果たさせる$竭ホの弥陀の救いに遇わねば、こんな知恩・報恩の熱火の法悦は、あり得ることではなかろう。

 このサイトでは、親鸞聖人のみ教えに、生かされている方々の声を紹介します。


法悦の泉 〜親鸞会 会員の声「親鸞聖人の教えに遇えて良かった」〜 目次 新着順

願力不思議にただ感謝

弥陀のとてつもない願力不思議に、ただただ驚かされ、深く深く感謝し続ける日々、ああ、私は無上の幸福者であります。

一日一日 感謝の心

仏法に遇えた喜びにあふれ、誰よりも幸せな余生を送らせていただいています。

有り難うございました。

人生の目的達成することが出来ました。長い間のご教導、本当に有り難うございました。

「恩徳讃」に生きる

数年前に、自殺まで考えていた私が、弥陀の光明に摂取され、無碍の大道へ出させていただけたのです。
心の奥底には、生命の大歓喜が常にあります。苦海の人生を、大満足で生かされていただいております。

言葉にならぬ感謝

噫、噫、噫、阿弥陀如来に救われた喜びは、ようこそようこそようこそ、としか言いようがありませんでした。

堕ちる堕ちぬの心配は無し

毎日を生きた生活させて頂く素晴しき境地、お金で買えなき、此の偉大なる誇らしさは何にたとうべきか。
「すごい迫力だ。こんな人は初めてだ」

いのちの灯尽きるまで

末期の白血病の祖父は、知人の医師に末期の患者とは思えぬ迫力で、親鸞聖人のみ教えを力強く語りました。
「すごい迫力だ。こんな人は初めてだ」

仏法聞かねばなんねえぞ

岩手県の太田弘江さん(仮名)の母、八重山ナツさん(仮名)は若くして仏法喜ぶ身となり、
「因果の道理狂いがないぞ、後生は一大事」
と東北や北海道まで伝え歩いていた。

阿弥陀仏の本願まことでした

滋賀県・北堀秋枝さん(仮名)からの、法味あふれる手紙を紹介しよう。
「ただいまは、極難信の大法に、あい難くしてあわせていただきました。

阿弥陀さまに値わせていただいたのよ

真実の仏法を聞かせて戴き有難う御座います。私の心を見ぬかれた阿弥陀仏。
本願力 力づよく生きぬきます。

罪悪も業報を感ずることあたわず

若くして仏縁に恵まれ、近くのお寺で布教中の高森顕徹先生に出会った。弥陀の大悲に感泣され、法味あふれる峰岸さんの仏法讃嘆を、紹介しよう。

まことだった 唯除五逆誹謗正法

弥陀より賜った光明は不動です。不可称不可説不可思議の世界です。

極善無上の幸せ者に「恩徳讃」は決意表明

全人類にとって最も大事な「苦悩の根元」と「その解決法」を教えられた親鸞聖人に、心のこうべを垂れてぬかずき、心よりご恩を感じさせていただけました。

申し訳ないやらありがたいやら

出離の強縁をお聞かせいただき、ただただうれしい。恥ずかしいやら、もったいないやら、申し訳ないやら、ありがたいやら。

願力不思議にただ感謝

恩なき私が、一念の救いによって、なぜこんなにも幸せな毎日に生かされているのか。弥陀のとてつもない願力不思議に、ただただ驚かされ、深く深く感謝し続ける日々、無上の幸福者であります。

五臓六腑 貫く大音声

私が親鸞さまより出離の強縁を知らせていただき、迷いの世を出ることができましたことは、何よりの喜び、ありがたく、感謝し切れません。


浄土真宗親鸞会とは

世界の光である親鸞聖人の教えを、
正確に、速やかに、1人でも多くの人にお伝えする、
これ以外に浄土真宗親鸞会結成の目的はありませんでした。

今後も、それは変わりません。

どうすれば本当の親鸞聖人の教えが明らかになるか、
親鸞会の目的は、ただこのこと一つであって
他には何もありません。

一宗の繁昌と申すは人の多く集まり
威の大いなる事にてはなく候、
一人なりとも人の信を取るが
一宗の繁昌に候。  (蓮如上人)


親鸞会 関連リンク

浄土真宗親鸞会 公式サイト
親鸞会 親子ネット
親鸞会ブログポータル
親鸞会.net
そして巡り会った親鸞会
親鸞会東京都
親鸞会大阪府
親鸞会の真実
親鸞会と本願寺の違い
メディアの見た親鸞会

 

親鸞会法悦の泉|問い合わせ先更新履歴|サイトマップ|リンク