法悦の泉 親鸞会会員喜びの声

::親鸞聖人のみ教えを喜ぶ人たち

堕ちる堕ちぬの心配は無し

 しぶとき愚か者が無量寿如来様に抱かれ、毎日を生きた生活させて頂く素晴しき境地、お金で買えなき、この偉大なる誇らしさは何にたとうべきか。お天気続きで、大事な大事な花のつぼみが、今まさに枯れんとしている時に大慈悲の雨を受けた時の如く、臆、救われて良かったと喜ばずにおれません。

親鸞会 会員の声


 蛆虫同様の愚か者が、本願の間にあった慶び、「信心歓喜」阿弥陀様の広大なる御慈悲が届けば慶ばずにおれません。喜べないのは合点のみで信心が抜けているゆえに、心の奥底より喜びが出ないのです。

 阿弥陀様の光明のお育てにより、素地のままが照らし出された時に、逆謗の屍が私であったと、堕ち切らせて頂くのです。堕ち切らなくては救われたる実感が湧いて来ませんもの。

 とにかく、いかなるものにも比べ難き一大事です。全生命を打ち込んで、少しでも早く信心決定なさって下さることを、御六字のお衣に包まれて念願致します。

夢の世に 南无阿弥陀仏 聞き開き 
   弥陀に抱かれし 尊さよ
堕ちる堕ちぬの心配は無し


[  1         10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ]


HOME問い合わせ先更新履歴|サイトマップ|リンク